舞台「ハンドシェイカー」 古畑恵介 吉田武寛 中谷智昭 インタビュー【後編】

INTERVIEW 0 comments

舞台「ハンドシェイカー」 古畑恵介 吉田武寛 中谷智昭 インタビュー【後編】

アニメ「ハンドシェイカー」の舞台版でもあるSPECTACLE STAGE「ハンドシェイカー」が1月24日(水)〜1月28日(日)が渋谷CBGKシブゲキ!!にて開催される。

舞台版ではタヅナとコヨリの成長物語を軸に、原作同様にGoHandsが創り出す3Dアニメーション映像や、世界的な人気を誇るJazzy Hip-HopレーベルGOON TRAXの楽曲を用いて「ハンドシェイカー」の世界の再現に挑む。

本公演にて初主演を務める古畑恵介、本作品の脚本・演出家吉田武寛に加えて、吉田作品の常連にもなるマキハラ役を中谷智明を交え本公演の魅力を語ってもらった。

たっぷり10000文字のロングインタビューを前編、後編にてお届けいたします。
 
 

■古畑さんはオーディションをお受けになったということですが、ハンドシェイカーという作品に出たいという気持ちがあったのでしょうか。

古畑 マサル役の村瀬歩さんとお仕事をご一緒させて頂いていることもあり、そこからハンドシェイカーという作品を知ってはいたのですが、まだアニメは見たことがなくて。募集要項を見た時に「絶対オーディションを受けたい」と思ってマネージャーさんにお願いしました。その日はオフだったので、お休みのうちにアニメを全て見て、オーディションに臨みました。

■アニメのどんなところに魅力を感じましたか?

古畑 ファンの方に聞くと「映像美」が挙げられると思うのですが、ロケ地も大阪が舞台で、大阪の街並みもすごく綺麗に再現されていて、大阪の友達が大阪の街がボロボロにされていくので何とも言えない気持ちになると言っていました(笑)。けれど、純粋な人間ドラマ、絆の物語なので、キャスト同士ももっともっと仲良くなりたいなと思いました。関係性がお芝居とかにも絶対出てくると思うので。

■コヨリ役のさんとは何かお話などされましたか?

古畑 大変ですよね、コヨリ役。

吉田 大変ですね。

古畑 結構、吐息とか「…」がすごく多いんですよ。それだけで見てくださっている皆さんに伝えなければいけないので、コヨリ役が一番難しいなと思いました。

中谷 アニメだったら寄りがあるけど、舞台ではそれもないしね。

古畑 そうですね。バディなので、主演は一番目立つポジションというわけではなくて周りの共演者さん達の良さをたくさん引き出してあげられる人だと思うので、良さを僕が引き出して、良いパートナーになれたらと思っています。

■古畑さんがイメージにぴったりだったということですが、役者さんとしての魅力をどういうところにお感じになったか聞かせていただけますか?

吉田 そうですね。オーディションに来ていただいた時、すでに研究してきていたと思うんですよ。読み方とかも含めてオーディションで再現度が高かった。自分の世界をしっかり持ってると思うんですけど、質が良いものを持っている。それに、一生懸命で。

中谷 作品に対して真摯。

吉田 そうですね。そして、自分で世界を構築していく力も持っている。一緒に作品を作っていけたらなと思っています。自分で表現したいものをちゃんと持っていますね。

■研究などもたくさんされたのでしょうか。

古畑 そうですね。2.5次元で一番大切にしているものが、ものまねになってはいけないけれど、再現度は「絶対一番になってやる」って思っている。「〇〇君が、そこにいた!」って言ってもらえることは、僕にとって一番の褒め言葉です。

■役作りにおいて、ここに重点を置いているというところはありますか

古畑 僕は声優としても活動をさせていただいているので、声色・息遣い・しゃべり方などは重点を置いていますね。外枠を作ってしまってから中を作るタイプ。タヅナというキャラクターはこういう表情で、こういう喋り方をするよな…という外枠を作る。やはり、声だけだと軽くなってしまうので。

■ニムロデなどの武器の辺りは、映像も強く出てくる感じなのでしょうか。

吉田 そうですね。映像がすごく多いですね。ある程度道具も出てくるのですが、映像表現もすごく多いです。

■アニメでは独特の表現も多いですが、アニメのエッセンスもすごく入るような感じなのでしょうか。

吉田 映像さんとは、アニメの CG の綺麗な感じ、雰囲気を活かしたいとよく話しています。映像さんもファンタジーの綺麗な映像を作る方なので、とても信頼してお願いしています。

■長いアニメーションを2時間にする時に大切にしたコンセプトや、核の部分を教えていただけますか。

吉田 今回はタヅナとコヨリの成長物語というのを一番の軸に置いています。その他のキャラクターは、少し短くはなっています。二人の成長物語に、ずっとドラマを置いている感じですね。

GoHands、Frontier Works、KADOKAWAの共同原作による日本のテレビアニメ。2017年1月から3月までMBS・TOKYO MX・テレビ愛知・BS11にて放送。

【Story】

西暦20XX年のOSAKA[3]。機械いじりが得意で修理依頼を受けた高校生のタヅナは、大学の研究室を訪れる。そこでベッドで眠る少女・コヨリを発見。彼女の手を握ったタヅナに、「神の声」が響き、二人は異世界・ジグラートにいた。ハンドシェイカーとして覚醒したタヅナたちは、同じハンドシェイカーたちの戦いに巻き込まれていく。

【Official Page】

http://project-hs.net

 

 

 

■中谷さんはキャラクターに対して魅力を感じている部分はありますか?

 

中谷 そうですね、テンションが高い!ごくごく表面的なことですが(笑)。あと、他のハンドシェイカーのキャラクター達とは違ったところで翻弄できる。そういう役どころということもありますが。そうですね…うん、テンションが高い(笑)!けれど、テンションが高いだけの人って基本的にあんまり信頼できないけど(笑)、お話を見ていくとそうなっている理由がちゃんとある。彼も彼で傷を負っているからこその明るさだったり、逆に何かを訴える時はテンションが低くなっているんですよね。それが彼にとってのフラットな状態だと思うんですけど、その落差というか…意図的にそうやっているのか?という、彼との対話も楽しみです。僕はアニメを見て、彼の人間臭いところに惹かれたところがあったので、彼と一つになれたら嬉しいなと思っています。

 

■中谷さんと古畑さんは初共演だと思いますが、お互いの演技の印象などは、本読みの段階でありましたか?

 

中谷 タヅナがいました。会場ですれ違って挨拶をしたりするんですけど、「あ、彼はタヅナなんだろうな」ってすぐわかった。実際に読み合わせをさせて頂いた時に、息遣いや呼吸の仕方、気合の入れ方、一発で信頼に値するものだった。すごく楽しみになりましたし、楽しかったですし、勉強にもなりました。そういう印象でした

 

古畑 中谷さんが言ってくださったことはいい意味でも悪い意味でもあるなと思っていて。独りよがりになりがちだと思っていて、それをなくすように頑張っているのですが、本読みの段階で引っ張っていただけた。引っ張ってくれたから、それに影響されてすごくナチュラルにできたと思うし、僕もすごくやりやすくて。掛け合いがすごく楽しみになりました。

 

■吉田作品の魅力を伝えるとしたら、どこだと思いますか?

 

中谷 まずひとつは美しさ。そして、見るとジェットコースターに乗っているような色々な景色を見ることができます。これは演者としてもそうなんですけど。3つ目はその世界に描かれている人間たちの想いを無駄にしないこと。絶対になければならないハートの部分に関しては、かなり詰めます。見に来てくださった皆様がボロボロ泣いたり、ゲラゲラ笑ったりと、感情をどんどん打っていく。最近は出させていただく側が続いているので、客観的に見れていないかもしれないのですが…。演者としても、色々な感情に揺さぶられるのを、よりスピーディーに見せられる演出家さんだなという印象です。

 

吉田 気分がいいな~(笑)。

 

■最後にご来場いただくお客様に、メッセージをいただけますか

 

吉田 ハンドシェイカーという原作アニメの良さを生かしつつ、舞台ならではの面白さもあって、原作ファンの方にもそれ以外の方にも楽しんでいただける作品になっていると思うので、是非観に来てください!…教科書みたいなコメントになっていますね(笑)。

 

中谷 吉田ワールドのハンドシェイカーは、美しさ、そして魅力的なキャラクターたちがいきいきと舞台上で表現されている作品だと思いますので、楽しんで頂きたいのと、マキハラにご注目ください(笑)!…いや、素敵なタヅナくんだと思うので、僕はぶら下がります(笑)!

 

古畑 初めて主演というポジションを頂いて、「みんな俺についてこいよ!」「引っ張っていくぜ!」ってなるのかな…と思ったのですが、僕はそういうタイプじゃないみたいで…(笑)。やっぱり「ハンドシェイカー」なので、手を繋いで、千秋楽までカンパニー全員でみんなでゴールできるような、そんな仲の良い素敵な舞台にしたいなと思います。そして古畑恵介・初主演で、アクションやセリフ量も膨大ですが、皆さんに少しでも良いものを届けられるように全身全霊で挑みますので、皆さん是非シブゲキに見届けに来てください。よろしくお願いします!

 

 

メインビジュアル撮影:撮影:佐藤雄哉/Confetti 2018年2月号より

取材協力:Confetti

インタビュー& 文章 :Murata Yumiko  企画・構成:小宮山薫

 

 

【公演名】 SPECTACLE STAGE「ハンドシェイカー」
【期 間】 2018年1月24日(水)~1月28日(日)
【劇 場】 CBGKシブゲキ‼(〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-29-5ザ・プライム6階)
【出 演】
古畑恵介、大島涼花、佐藤祐吾、廣野凌大、岡田彩花、
松村芽久未、和地つかさ、二平壮悟、あかり(α-Xʼs)、
澤井俊輝、谷茜子、天野翔太、西端ちひろ、千歳ゆう/
中谷智昭、佐藤弘樹、久保田剛史(インデペンデンスデイ)/
栗田学武

【アンサンブル・ダンサー】 (50音順)
藍羽舞 、倉野真帆(KATA☆CHU)、
五月女葵(浮遊する恋、それは。)、
佐藤康道、千葉歩、花澤優季

 

【公演スケジュール】 (全9公演)
1月24日(水)18:30
1月25日(木)14:00/18:30
1月26日(金)14:00/18:30
1月27日(土)14:00/18:30
1月28日(日)12:00/16:30

 

■原作:アニメ「ハンドシェイカー」

■脚本・演出:吉田武寛(LIPS*S , ILLUMINUS)
■協力: GoHands、Frontier Works、KADOKAWA

■音楽:GOON TRAX
■制作協力:style office

■企画・主催:ILLUMINUS (FreeK-Laboraotry)